会社情報
  • NINGBO BEILUN LEMA MACHINERY TECHNOLOGY CO.,LTD

  •  [Zhejiang,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー
  • 貿易と市場: アメリカ大陸 , アジア , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 中東 , 北ヨーロッパ , オセアニア , その他の市場 , 西ヨーロッパ , 世界的に
  • 輸出国:41% - 50%
  • 本命:ISO9001, CE, GB, FDA
  • 説明:アルミシリンダーヘッドダイカスト,クワッドバイク用シリンダーヘッド,シリンダーヘッドダイキャスト
NINGBO BEILUN LEMA MACHINERY TECHNOLOGY CO.,LTD アルミシリンダーヘッドダイカスト,クワッドバイク用シリンダーヘッド,シリンダーヘッドダイキャスト
ホーム > 製品情報 > 金型鋳造部品 > アルミニウム金型鋳造部品 > クワッドバイク用アルミシリンダーヘッド

クワッドバイク用アルミシリンダーヘッド

    単価: 8~10 USD
    お支払い方法の種類: T/T,L/C
    Incoterm: FOB
    最小注文数: 500 Piece/Pieces
    納期: 10 天数
  • Mr. General Ma

基本情報

モデル: LM-15B141

Additional Info

包装: 木箱

生産高: 50pcs/day

ブランド: LEMA

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 寧波

供給能力: 1500pcs/day

認証 : SGS

製品の説明

クワッドバイクダイカスト用アルミシリンダーヘッド

アルミニウムは、CNC加工において最も一般的に利用される材料の1つである。

強度、重量、仕上がりのバランスが良い。
それはあなたが必要とするフィット感と仕上げを実現するために、陽極酸化、硬質アルマイト、ビーズブラスト、クロメート変換などの多数の表面処理を施すことができます。
アルミニウムは、炭素鋼に比べてかなり柔らかいので、容易に機械加工される。


アルミニウムダイカスト部品のフローチャート

Die casting production flow chart

ダイカストエンジンのシリンダヘッド 一般的に使用される材料 :A380;


ダイカストエンジンのシリンダカバーの精度 :±0.1ミリメートル ;

荒い部分の表面の滑らかさ:Ra1.6〜Ra3.2。

ダイカストエンジンのシリンダカバーの収縮率 :0.5%;

材料消耗率 :5%;

一般的なアルミ鋳物エンジンシリンダーカバーの取り代:0.5ミリメートル〜0.7ミリメートル。

表面調製方法 ショットブラスト、粉体コーティング;


ダイキャスト低価格エンジンボディの比圧力パラメータ

Material

Thickness of die casting parts3mm

Thickness of die casting parts>3mm

Simple structure

Complex structure

Simple structure

Complex structure

Aluminum alloy

25-35Mpa

35-45Mpa

45-60Mpa

60-70Mpa


ベストプライスダイキャストエンジンボディの射出速度

Pouring liquid metal tie up chamber volume percent

Injection speed(cm/s)

≤30

30-60

>60

30-40

20-30

10-20



低価格の 私の会社の 強さは、エンジン本体、CNC機械加工、およびQAコントロールダイキャスト。

My company strength of aluminum die casting, CNC machining, and QA control

製品グループ : 金型鋳造部品 > アルミニウム金型鋳造部品

製品の絵
  • クワッドバイク用アルミシリンダーヘッド
この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません

モバイル サイト インデックス. サイトマップ


ニュースレターを購読:
アップデートを入手割引をした価格提案する, スペシャルオファー.

多国語:
Copyright ©2020 NINGBO BEILUN LEMA MACHINERY TECHNOLOGY CO.,LTD著作権を有します
サプライヤーと通信?サプライヤー
General Ma Mr. General Ma
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する